お悩み/ご相談

相続税の申告・納付までの流れ!必要書類・期限・ペナルティなど徹底解説

今回は、「相続税の申告・納付」に関わることを解説します。 相続発生から申告・納付するまでの流れ、必要な書類、期限やペナルティなど、相続の申請・申告に関わる基本的なことを網羅的に解説します。 相続税申告・納付まで流れ 被相…

相続税の計算方法と4つの手順

今回は、「相続税の計算方法」について解説します。相続税をいきなり算出することはできません。4つの計算をすることで、はじめて自分の納税額が分かります。 具体例を交えながら、相続に関することの中でもとりわけ分かりづらい、相続…

【雛形つき】自筆証書遺言とは?書遺言の作成手順と書き方を徹底解説

遺言書を残す場合、最も手軽に利用されているのが「自筆証書遺言」です。ご自分で思い立った時に作成できるのが魅力の1つであり、2020年からは法務局での保管制度もスタートし、今後さらに利用したいと考える方も増えるかもしれませ…

遺言書とは?自筆証書遺言と公正証書遺言の特徴と、遺言書が持つ5つの効力

遺言書とはどんなものか? 遺言書とは、自分の死後に、財産を誰にどのように分けるかを、法的なルールにのっとって書き示したものです。似た言葉で「遺書」という表現をすることがありますが、遺言書と遺書は明確に異なります。遺書とは…

相続財産の調査方法!預貯金・不動産・金融商品・借金の調べ方

遺産相続をするためには、相続人と、相続財産の所在と評価を明らかにすることで、適切な協議を行うことができます。 今回の記事では、相続財産の所在を明らかにするための調査方法について、ご説明していきます。 なお、相続財産には、…

法定相続人とは?相続人の範囲と相続順位、よくある注意点について

親族の誰かが亡くなると、故人が残した遺産をどうやって誰が引き継ぐのかといった遺産相続の問題と向き合わなくてはいけなくなります。この問題に取り掛かる際、まず誰がどれくらい遺産をもらう権利を有しているかを、正しく理解していく…

遺産相続とは?相続に必要な手続の流れと各必要書類を解説

家族が亡くなると、気持ちの整理や葬儀対応などと合わせて向き合わなくてはいけないのが、遺産相続手続です。 しかし、そう関わることのない相続手続は、多くの方が手探りで進めていると思います。中には、手順や期日を知らなかったばか…

【相談】親の事業を継ぐか継がないか迷っている

父親は3年前に亡くなっており、現在は母親が地元の北海道で食堂を一人で営んでいます。私が継ぐべきか迷っており、母親が元気なうちに食堂をどうするか、相続をどうするか決めておきたいと思っていますが、何から考え、そして準備をして…

【相談】親が認知症になる前に相続の準備をしたい!どこから始めたらよいか

離れて暮らす実の父(78)に、少し認知症が始まっているように感じています。判断力がしっかりとあるうちに、土地や財産をどうするか決めておきたいのですが、自分がなかなか時間を作れないため、効率的に準備したいと考えています。ま…

【相談】離れて暮らす両親の終活、できることはある?

Q1, 福岡出身で、現在は東京で仕事をしている50歳男性です。地元に年金暮らしの両親がおり、持家はありますが財産などの詳細はわかりません。兄弟は実家の近くに妹がおりますが、何から手を付けたらいいでしょうか。 まずは両親の…

民事信託のデメリットは?

身上監護機能はない。 任意後見契約の後見人と信託契約の受託者(預かる人)については同一人がなることはできない。 遺留分の扱いに注意が必要 法定相続人に保証された遺留分を侵害することができない。 課税に注意 受益者(利益を…

民事信託のメリットは?

委託者(預ける人)の意思がそのまま受け継がれる。 正常な判断ができるうちに自分の財産を信託すれば、財産に自分の想いをのせることができる。 倒産隔離機能 受託者が破産しても信託財産には影響がない。 後継ぎ遺贈型受益者連続信…

民事信託ってどんな人に必要なの?

資産はあるものの、それを適切に管理することが困難な方

相続・事業承継・民事信託の相談室サイトをリリース

両親が亡くなる前にできる50の準備 相続・事業承継・民事信託の相談室サイトをリリースしました。 お気軽にご相談ください。

事業承継をするにはまず何をすればいい?

事業承継の流れとしては大きく以下のとおり。 後継者選びと承継の方法を決定する。 親族に承継するのか、役員や従業員へ承継するのか、M&Aを実施するのかを決める。 会社の現状を分析し認識する。 把握しておくポイントと…

事業承継のタイミングは?

事業を承継してもらうには後継者を育成しておく必要があり、多くの経営者が後継者育成に必要な期間として5年から10年かかると考えていると言われる。 早い段階で後継者を決めて育成し、後継者が経営力を発揮できるようバックアップす…

事業承継にはかかる期間は?

事業承継は様々なものを引き継がせねばならず、また事前にどのくらいの準備をしていたのか、誰に承継するのかによっても変わってくるため、一概に何年、と言い切ることはできない。 長く時間をかけるケースの場合は10年以上かかること…

相続ができる人とは?

相続人は民法で定められいる。 常に相続人となるのは配偶者(内縁関係の人は含まれない) 第1順位:死亡した人の子供(養子も含む) 第2順位:死亡した人の父母や祖父母(直系尊属) 第3順位:死亡した人の兄弟姉妹

民事信託の特徴は?

それぞれの家族にあった財産管理や資産承継の方法が選択でき、オーダーメイドで柔軟な財産承継の形をとることができる。

民事信託とは?

自分の一定の財産を別扱いとして信頼できる人に託し,託された人においてその財産を一定の目的に従って管理活用処分し,託された財産や運用による利益を特定の人に給付あるいは引き渡し、その目的を達成する仕組み。

事業承継とは?

会社の経営を後継者に引き継ぐこと。 日本には経営者の高齢化と後継者不足によって廃業をやむなくされる例も多く事業承継が深刻な問題となっている。

誰に承継するの?

事業を承継する相手は次の3通り 親族に継いでもらう、親族承継 親族以外の人に継いでもらう、親族外承継 第三者に事業を譲渡する、M&A

法定相続人とは?

被相続人が亡くなったときに相続する権利がある人のこと。

遺産の分割はどのように行われるのか?

被相続人の意思=遺言に「指定相続分」の記載がある場合は、遺言を元に、ない場合は民法上の法定相続もしくは相続人による遺産分割協議にて決定される。

相続とは?

ある人が死亡したときに、その人の財産を配偶者や子などの親族が財産を引き継ぐこと。